もしかして妊娠線?妊娠初~中期のおススメ商品ランキング

bikkuri_01

 

 

妊娠してうれしさいっぱい!

 

そんななか、ほんの少しずつだけど

お腹が大きくなってきた気がする…?

 

そんな妊娠初期のママにとって

気になるのが妊娠線。

 

お腹が大きくなってくると

妊娠線が出ると言うけど、実際どうんだろう?

 

今まで入っていたズボンがきつくなってきたし、

なんだか心配…。

 

お腹が気になってきたら、

今すぐ妊娠線予防のケアを始めましょう。

 

妊娠線のケアは、早く始めるのに

越したことはありません。

 

実際妊娠線ができるのは、

妊娠中期以降が多いです。

 

しかし、初期からのケアが

実際に妊娠線ができるかどうかを

左右してしまうのです!

 

1位ベルタマザークリーム!初~中期以降も安心ケア処方

150422105458-sleeping-baby-stock-super-169

妊娠線予防に一番おススメのケアは

ベルタマザークリーム。

 

ベルタマザークリームがおススメの理由は、

なんといっても、妊娠初期から出産後まで

安心して使えるナチュラル処方。

 

妊娠初期は、つわりもあり、

においに敏感な時期。

 

そんな時でも安心して使うことができます。

 

また、お腹が大きくなってきて、

注意すべきは妊娠中期以降。

 

この要注意時期も、しっかりとした保湿と

美肌効果のあるオーガニック処方で

安心して乗り越えることができます。

 

そして、何よりうれしいのが、

ベルタマザークリームは、

妊娠初期から使い続けることでお得になること!

 

妊娠線クリームは、出産後のひきしめまで

使えるものがベストです。

 

そうなると、短くても7,8カ月は

使い続けることになります。

 

それだけの期間、一日に2,3回塗るわけですから

お得さはとても大切。

 

ベルタマザークリームなら、

継続購入がお得にできると

ママたちから大人気なのです。

 

2位ニベア青缶!どこでも買える妊娠線予防の入門ケア

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

妊娠初期の不安には、ニベアの青缶もおススメ!

 

どこでも、ドラッグストアでも買えるという

気安さから、人気のクリームです。

 

しかしこのニベア。

 

特に青缶は、堅めで、お腹などに

広範囲に塗るのには適していません。

 

堅めのクリームはだを皮膚に塗ろうとすると、

肌が撚れて、刺激をあたえてしまいます。

 

また、お腹に塗る際、

力が入ってしまうので、

子宮が押されてしまうのです。

 

専用クリームを買う前の

入門ケアとしてはおススメのニベア青缶。

 

保湿効果はあるので、

専用クリームを買うまでは

使っても問題ありません。

 

3位無印ホホバオイル!中期以降の保湿にもおすすめケア

photo_maternitynurse

おススメ3位は、無印良品のホホバオイル!

 

オイルは、伸びがよく、お腹が大きくなってきた

妊娠中期以降も、塗りやすくおススメです。

 

ただ、保湿は優れているのですが、

効果には少し足りない点も…。

 

というのは、妊娠線は、保湿だけでは

予防できません。

 

肌に充分な栄養を与えて、

子宮の伸びによって断裂を始めている

皮膚を再生する必要があるのです。

 

ホホバオイルは、人間の皮脂に近く、

なじみやすさには定評があります。

 

しかし、本当に妊娠線を予防していくためには、

美容効果、美肌再生効果のある

成分の配合が必要です。